お知らせ

オープンイノベーションを促進する共同事業L-RAD(エルラド、正式名:リバネス-池田研究開発促進システム Powered by COLABORY)発表

2015年10月6日

株式会社池田理化は、株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長COO 高橋 修一郎、以下「リバネス」)、株式会社ジー・サーチ(本社:東京都港区、代表取締役社長 渡瀬 博文、以下「ジー・サーチ」)と共に、企業と大学などの研究者によるオープンイノベーションを更に促進するためのWebソリューション「L-RAD」を開発、2015年12月よりサービスを開始します。

本ソリューションは、3社初の共同事業で、各種競争的研究資金に採択されなかった申請書など、研究者が持つ未活用のアイデアを集積し、産業視点で再評価することによって産業的利用性の高い、未活用のアイデアを企業側が活用することを実現するWebソリューションです。

近年、外部との連携によるオープンイノベーションの重要性は高まっています。主に行われているのは公募型の取り組みです。このようなオープンイノベーション促進活動を行う各種企業の担当者へヒアリングを行った結果、短期的なマーケティング・課題解決には成果が上がっている一方で、中長期的な競争力となるような“イノベーションの種”の発掘には課題が多いということが判明しました。また、“イノベーションの種”は、研究者が自由な発想で描いた研究プランの中にこそ含まれているということも共通認識でした。

一方、科研費を代表とする、各省庁が実施する公的な各種競争的研究資金は、基礎的な研究にも分配されるため研究者の自由な発想と企みが比較的集まりやすい特徴があります。これら競争的研究資金に申請された研究アイデアは主に大学等研究機関の有識者らによって審査され、採択・不採択が決定しています。採択基準は学術的に重要性が高いことが主であるため、不採択となった申請の中には産業的な視点で再評価することで企業側にメリットが有るアイデアが含まれている可能性があります。しかしながら、不採択となったアイデアは外部に開示されることがないため、未活用のままとなってしまっています。

今回3社で開始する共同事業「L-RAD」は、研究者から未利用の研究アイデアを集めデータベース化し、研究開発を行う企業がそのアイデアを検索・閲覧し、自社の研究開発促進への活用を可能とするWebソリューションです。これにより企業にとっては中長期的な競争力になりうるイノベーションの種に早い段階で触れることが可能となり、研究者にとっても研究予算がつかなかった未活用のアイデアについて、企業の資金を獲得する機会を得ることになります。L-RADは、従来の公募型とは全く異なる、オープンイノベーションが生まれる新しい枠組みとなります。

研究アイデアの企業活用においては、研究者側にとってはアイデアを盗まれるリスク、企業側にとっては外部の秘密情報に知らずに触れてしまうリスクが発生しますが、本ソリューションでは研究者アイデアの企業単位の閲覧権限管理を考慮したデータベースを開発、お互いが安心して“イノベーションの種”を提供・活用できるシステムを実現しています。これまでの枠組みでは活用することが難しかったアイデアに光を当て、企業と研究者のオープンイノベーションを大いに加速し、科学技術による高い競争力を実現することを目指しています。

私共は本事業を通じて、研究者の皆さまのアイデア具現化による新たな科学技術の発展と、研究開発を行う事業者の皆さまの競争力の向上に努めるとともに、日本の国際競争力の向上を実現する取り組みとなるよう、連携して取り組んでまいります。


サービスの URL

http://www.l-rad.net


提供開始時期

2015年12月1日(火)


リリースに関するお問い合わせ先

営業企画部 山川 啓介

TEL:03-5256-1830

L-Rad Mail

以上